top of page

22.3/5(SAT) 東海野球リーグ シーザーズ戦


2022シーズン最初の公式戦

先発は岡選手。


初回四球4つと自らの失策で2失点を献上してしまうが

打線好調のスパークス、1番白井のセンターへの大飛球はあらかじめ下がっていた

センターへ好捕されるも、森、矢後の好調コンビが安打でチャンスメイクすると

岡の三遊間へのゴロが走者森に当たりIP(イリーガルプレイ)となってしまう。

それでもこの日、スパークス最年長プレーヤーの松浦がセンターへタイムリーを放ち追撃の狼煙を上げる。

 *松浦選手はチーム最年長安打記録を更新


二回には先頭の若杉が好調をキープする左越えの二塁打で出塁すると相手失策の間に1点を追加する。


その後、四球は出すものの要所を抑えていた岡だったが

5回に四球3つとこの日唯一の被安打(内野安打)で3点を与えてしまう。

時間的に最終回の裏の攻撃、一死から白井が内野安打で出塁すると

ここでも好調の森、矢後が続き1点を返す。


更にチャンスで4番岡。

自らの失点を返上する同点タイムリー三塁打を放つと

続く若杉の打席で相手バッテリーにミスが出て、岡が本塁へ突入し逆転。

そのまま5回終了で時間切れとなり苦しみながらも勝利することができた。


◆THIS MATCH MVP ポイント


【5pt】該当なし


【4pt】該当なし


【3pt】 5 森→3安打でチャンスメイク

    8 若杉→3安打でチャンスメイク


【2pt】 9 岡→投球苦しむも最終回に同点三塁打!

    39 矢後→好調キープのマルチ1打点

     57 松浦→最年長安打記録更新の追撃タイムリー!


【1pt】該当なし


閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page