top of page

Section5th 【公式戦】東海野球リーグ 2試合

2020シーズン 公式戦

東海野球リーグは一宮市いちい信金スポーツセンターにて

チキンズとの試合で開幕した。


2回岡、大島、大田と3連打で一死満塁とし矢後の内野ゴロの間に先制。

後続が倒れ残塁するも先取点を取ると、つづく3回には中沢のヒットを足掛かりに

この日4番に入った川越がセンター前にタイムリーを放ち追加点。


この日の先発は森本。

昨シーズンからの好調をそのままにこの日もスイスイとイニングを重ねていく。

試合はそのまま6回に入り、抑えの中沢が登板。

結局6回7回を中沢が危なげなく締めて今季初の完封勝利を収めた。

 

2時間のインターバルを置いて開始された2試合目は

ここ数年苦手意識のあるプノンペンを相手に大島が今季初登板。


初回、チャンスを作り好調の大田が先制タイムリーを放つも

追加点が奪えずチャンスを活かせない。

試合は3回から登板した岡と相手投手の投げ合いとなり膠着状態に入る。


なんとか追加点を奪いたいスパークス打線だが

初回以降チャンスらしいチャンスを作れないまま5回に1点を失うと

結局試合はドローで終了。


負けないでよかったのか、勝ちきりなかったのか

投手はがんばっているだけに打線の奮起が望まれるところだ。




閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page